アンチエイジング・抗酸化作用

age11

age_bar1

age2

「しわ」は20代半ばからはじまる老化現象です。

 

「紫外線」などを浴びると 体内にたくさんの「活性酸素」が発生し皮膚の組織を破壊してしまいます。

皮膚を構成している成分の「可溶性コラーゲン」が「活性酸素」によって「不溶性のコラーゲン」と 変性します。

 

そうすると皮膚は、弾力性や保水性がなくなり、少しずつ衰えていきます。

 

スキンケアを欠かさず行っていても、すぐに「しわ」がよみがえってしまうのは「活性酸素」が原因だからです。

 

「しわ」を作らないようにするには「しわ」の原因となる活性酸素を作らない、作らせない体質改善が 必要です。

 

最近の化粧品でも「コエンザイムQ10」などの抗酸化作用が高いといわれる成分が含まれたエイジングケア商品も増えているように、活性酸素を除去する事はエイジングケアとしては必須条件です。

 

活性酸素は、その名のとおり酸素です。

 

人間は酸素が無ければ生きていけません。

 

しかし、体内に取り込んだ酸素の一部が「活性酸素」に変化してしまいます。

 

活性酸素の本来の役目は、体内に侵入したウイルス等を攻撃し、体を守る「善玉活性酸素」としての働きです。

 

ところが、過剰に発生すると役目を果たせなかった活性酸素が大切な細胞膜を攻撃しはじめます。

 

細胞が酸化されてしまう事で、さまざまな病気を誘発し、老化を促進する原因となることが知られています。

 

 

age3

 

age4

age5

 

age_bar2

活性酸素はウイルスなどの撃退時以外に、紫外線や排気ガス、喫煙、ストレスなどが原因となって発生します。

 

特に紫外線によって発生する活性酸素は、コラーゲン繊維を破壊したり、シワ、くすみの原因となるなど、老化を促進させます。

 

活性酸素は美容の大敵です。

 

 

age6

私達人間は、酸素なしで暮らすわけにはいきませんし、活性酸素の発生原因をすべて無くす事は出来ません。

 

 

元々人間には余分に発生した活性酸素を無害化するSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)という酵素があります。

 

ただし、このSOD酵素は20歳をピークに年齢と共に減っていきます。

 

年齢と共に、疲れが抜けにくくなったり、体の不調が多く見られるのはこのSOD酵素の減少が関係しています。

 

また、同じ年の人でも、見た目の年齢に違いがあるのは抗酸化力の違いである事も要因のひとつです。

 

 

age7

 

活性酸素から身を守るために、このSOD酵素に変わる抗酸化物質が必要となります。

age_bar3

抗酸化物質とは、活性酸素を無害化させるものをいいます。

水素は抗酸化物質の中でも、悪玉活性酸素と引き寄せあい結合する性質を持っています。

age8

水素は自らも酸化してしまうビタミンなどの抗酸化物質とは違い、活性酸素を無害な水に変えてくれます。

age_bar4

 

 

age9

 

age10

 

 

bar00

 

photo00

 

tokoshie_price

otoiawase