健康

活性酸素が引き起こす主な疾患

循環器/呼吸器系 心筋梗塞・動脈硬化・肺炎・狭心症など
脳神経系 脳梗塞・てんかん・脳出血・パーキンソン病・自律神経障害など
消化器系 胃炎・胃潰瘍・胃がん・肝硬変・クローン病・膵炎など
血液系 白血病・肺血症・高脂血症など
内分泌系 糖尿病・副腎代謝障害など
皮膚系 アトピー性皮膚炎・日光皮膚炎・皮膚腫瘍など
眼科系 白内障・角膜腫瘍・網膜炎症など
腫症系 喫煙によるガン・科学発ガン・放射線障害など
指示組織系 関節リュウマチ・自己免疫疾患・膠原病など

日々の疲れやストレス、溜めてませんか。
蓄積された疲労や不調、成人病の予防・改善にマイナス水素イオンが働きかけます。
呼吸により取り込んだ酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。その他、喫煙、ストレス、食品添加物、不規則な生活、大量の飲酒、車の排気ガスや工場からの有毒ガス、電磁波(携帯電話・パソコン・レンジ)太陽からの紫外線・激しい運動からも活性酸素は発生します。

この活性酸素が増えすぎると、余分な活性酸素(特にもっとも凶悪とされるヒドロキシルラジカル)が異物を溶かす作用を発揮して正常な細胞を溶かしたり、刺激を加えて肌トラブル(シミ、シワ、ニキビなど)や生活習慣病といった病気や老化の原因になったりします。マイナス水素イオンを摂取することで、活性酸素を原因とする体の不調や老化を防ぐことが出来ます。

活性酸素が原因とされている主な病気・疾患

循環器・呼吸器系 心筋梗塞・動脈硬化・肺炎・肺気腫・狭心症など 皮膚系 アトピー性皮膚炎・日光皮膚炎・皮膚腫瘍など
脳・神経系 脳梗塞。脳血栓・パーキンソン病・自律神経障害など 眼科系 白内障・角膜腫瘍・網膜炎症など
消化器系 胃癌・大腸癌・胃潰瘍・十二指腫瘍・肝硬変・膵炎など 腫症系 喫煙による癌・科学発癌・放射線障害など
血液系 白血病・肺血症・貧血・高脂血症など 指示組織系 関節リュウマチ・自己免疫疾患・膠原病など
内分泌系 糖尿病・バセドウ病・副腎代謝障害など 代謝系 糖尿病・高脂血症・痛風・老化など
カラダを整える!マイナス水素イオンの効果
ATPの産生を高める
人間の体は、60兆個の細胞でできておりその細胞の中には、ミトコンドリアと呼ばれる微小器官がたくさんあります。
ここで、細胞のエネルギーATPが作られますが、活性酸素はそのミトコンドリアに障害を与え、ATPの生産量を減少させてしまいます。

ただでさえ60兆個の細胞は、20代をピークに毎日10億個減少すると言われています。その細胞内のミトコンドリアで作られるATP(アデノシン三リン酸)の産生にマイナス水素イオンは深く関わっています。細胞のエネルギーであるATPの生産量が増えれば、代謝の際の熱交換が活発になり、体温が上昇すれば免疫力もるため、抗酸化力の向上とともに免疫力の向上も期待できます。反対に、活性酸素の増加によってATPの産生が減ると、糖や脂肪がたまり体重増加、糖尿病や動脈効果などの生活習慣病を招きます。

喫煙と飲酒に、より効果的
喫煙と飲酒により活性酸素が増加します。マイナス水素イオンを摂取することにより、その弊害が改善されます。

喫煙

活性酸素の増加

ビタミンCが大量に失われる

肌荒れ・シミ・シワ・老化の原因

マイナス水素イオンを体内に摂取

ビタミンCの減少を抑え、
肌荒れやシミ・シワ老化の原因を改善へ導く

二日酔いの原因は、アセドアルデヒドです。
通常体内では、アルコール→アセドアルデヒド→酢酸→水・炭酸ガスの順番で分解されますが、アルコール摂取による活性酸素の増価(肝機能の低下)で、アセドアルデヒドを分解できなくなります。
マイナス水素イオンを飲んでおくことで活性酸素が無害化され、肝機能が正常に働き「悪酔い」や「二日酔い」が緩和されます。