スポーツ

プロのアスリートをサポート。
激しい運動による疲労の回復を早め、集中力を持続させます。
運動により筋肉の酸素消費量が増えると、必然的に活性酸素が増加します。
これが、疲労の蓄積、パフォーマンスの低下、さらには正常な細胞や内臓、血管内壁を傷つけ、老化やさまざまな病気を引き起こす原因となります。 マイナス水素イオンは、運動によって発生した活性酸素を中和し、疲労回復を早め競技中や練習中の集中力を高い状態で持続させます。

身体機能の回復と向上に効果的

筋力アップ

持久力アップ

集中力アップ

疲労回復

スポーツと活性酸素の関係性
普段の呼吸でも活性酸素は増加しますが、呼吸数と心拍数が増えるスポーツ時は更に増加します。
人体は、一回の呼吸で約200ccの酸素を取り込みますが、このうち約2~3%は常に体内で活性酸素に変換されます。
ところが、激しい運動時には呼吸回数が増え、体内での筋肉温度が上昇して体温が上がるため、活性酸素の変換率が5~8%程度に上昇します。

更に、気温が比較的高い中では呼吸量も最大10倍近くまで上がり、活性酸素が通常の40倍近く体内で発生すると言われています。
しかし、原因として考えられるのは呼吸や心拍数の問題だけではありません。激しい運動時、体は優先的に筋肉に血液を送り込むようになっているため、内臓は貧血状態に陥ります。その状態を維持し続け、運動後に内臓に血流が戻ると、活性酸素の大量発生が起こるのです。
スポーツアスリートと活性酸素の関係性
スポーツアスリートは、日々体を鍛えるため健康そうなイメージが強いですが、鍛え抜かれた肉体を持っているがために、活性酸素が通常の人より発生しやすいのです。

筋肉量が多く、酸素消費量が増えると活性水素の量も比例して増えるため。運動時に優先的に筋肉に運んでいた血液を、運動・トレーニング後、貧血状態にあった内臓に一気に戻すため。

更に、スポーツアスリートも一般の人と同じように年齢を重ねるにつれてスーパーオキシドディスタムターゼという抗酸化物質の生成能力は衰えていきます。20歳ぐらいをピークに、40歳代で半減、60歳代では10%以下になると言われております。そうすると、スポーツアスリートは、抗酸化物質が一般の人と同じでも活性酸素量が多いので結果的に活性酸素の量が比較的多くなるのです。活性酸素の量が多い理由として挙げられるのはそれだけではありません。

プロアスリートは、常に結果を求められプレッシャーの狭間で生活をしています。そうすると激しいストレスが生まれます。
その激しいストレスこそ、活性酸素の原因と言えるでしょう。 活性酸素は、老化や病気を招くのでスポーツアスリートにとっては致命的となります。
だからこそ、厳しい練習に耐えストレスと戦い一日でも長く活躍できる現役選手でいるには活性酸素の除去が重要になってくるのです。

■マイナス水素イオンには、様々な形がありますがスポーツをする方には水素水よりもカプセルタイプがお奨めです。
液体は即効性が高いですが、カプセルであれば体の中で持続的にマイナス水素イオンを発生させることが可能です。
マイナス水素イオンがもたらす必須アミノ酸との相乗効果
マイナス水素イオンに加えてスポーツをする方には必須アミノ酸を摂取すれば、より運動時の強いサポートにつながると考えられます。

【相乗効果1】生体にとって理想的かつ最強の抗酸化物質(最も凶暴な活性酸素ヒドロキシ・ラジカルを特異的に除去)である。
【相乗効果2】ミトコンドリアに働いて生体のエネルギーATPの産生を高め、体力・代謝を高める。
【相乗効果3】他の栄養素(特に糖鎖など)の取り込み・代謝を促進し、代謝障害の改善や、他の栄養素の効果を高める可能性がある。

※2,3は一般の抗酸化物質・水素水には見られない作用 ※参考:『水素の可能性』

必須アミノ酸の成分
ロイシン BCAAの一つで、筋肉の増強、疲労回復に効果があります。脂肪燃焼を行うことから、ダイエットに効果があることがいわれています。肝機能の低下からくる食欲不振に対して、改善することが出来るといわれているアミノ酸です。 イソロイシン BCAAの一つで筋肉の増強や、疲労回復に効果があり、運動中の筋肉消耗を低減するための効果があります。また、慢性の肝性脳障害に対して改善効果が見込めます。
バリン ロイシン・イソロイシンとあわせてBCAAと呼ばれており、筋肉の増強、疲労回復に効果があります。運動中の筋肉消耗を低減するための効果があるアミノ酸です。潜在性の肝性脳障害に対して、精神機能と運動能力に改善効果が見込めます。 レシチン 記憶力や集中力を高めます。また、代謝改善をするのでダイエットのサポートにもつながります。