病気の原因の9割は活性酸素が原因

活性酸素は元々人間が生きていく上で必要なもので、外部から進入してきたウイルス等に対抗する防衛軍的な役目があります。
しかし、ストレスや食品添加物、喫煙、運動その他で過剰に発生したりすると、役目を終えられなかった活性酸素が暴走してしまい本来守るべき細胞を攻撃(酸化=錆びさせる=電子を奪う)してしまう事で病気が発生すると言われています。

これを防ぐためにSOD酵素という酵素が自動的に発生する機能が元々あるのですが、加齢と共にSOD酵素は減少していきます。

水素は主にこのSOD酵素の代わりをすると考えられています。

活性酸素が引き起こす主な疾患
循環器/呼吸器系 心筋梗塞・動脈硬化・肺炎・狭心症など
脳神経系 脳梗塞・てんかん・脳出血・パーキンソン病・自律神経障害など
消化器系 胃炎・胃潰瘍・胃がん・肝硬変・クローン病・膵炎など
血液系 白血病・肺血症・高脂血症など
内分泌系 糖尿病・副腎代謝障害など
皮膚系 アトピー性皮膚炎・日光皮膚炎・皮膚腫瘍など
眼科系 白内障・角膜腫瘍・網膜炎症など
腫症系 喫煙によるガン・科学発ガン・放射線障害など
指示組織系 関節リュウマチ・自己免疫疾患・膠原病など

 

プラズマ・ヒドリド・ウォーター(マイナス水素イオン原液)は、世界で唯一水素をイオン状で安定的に水に溶存させる事に成功した画期的なものです。
製品化から10年、多くの方に愛されております。
一般的に言われる水素水とはまったくの別物であるため、飲み方・使い方を「つかいかた100選」でご確認いただき、お役立て下さい。

 

下記の項目をご選択いただき
クリックしてください。